手術について

About surgery

白内障・眼内レンズ手術について

Cataract and intraocular lens surgery

眼内レンズとは

眼内レンズは吸い出した水晶体の代わりとなる人工水晶体です。
レンズの大きさは直径6mm程度、全長約13mmです。
眼内に固定するためにループと呼ばれる支持部がついています。
レンズはやわらかいため小さな切開から折りたたんで眼内に挿入することができます。
眼内レンズを挿入することで良好な視力を得ることができます。

単焦点レンズと多焦点レンズ
単焦点レンズ

ピントが合うのが1か所の為、距離が1つなので、患者さんはご自分の生活スタイルに合わせて、手元から遠くまでのどこか1点で、ピントの位置を選ばなければなりません。選んだピント以外に視線を合わせるためにはメガネが必要になります。

多焦点レンズ

ピントが合う距離が複数あるので、眼鏡に依存する頻度をかなり減らすことができます。眼鏡のかけはずしの煩わしさを解消することが可能です。単焦点のピントを合わせた距離の見え方と比較すると、やや見え方の質が低下します。
※多焦点眼内レンズは保険適応ではありません。また眼の状態によっては選択できない場合もあります。

手術の流れ

眼球の角膜を切開し、濁った水晶体超音波でを砕いて取り除きます。眼内レンズを挿入します。
手術は10分から15分ほどで完了し、その日のうちに帰宅可能です。